読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HeDis's Neta

ネタ日記やSSなど

ファーストフード店

父「タカシ。前回の交通安全の劇(過去日記参照)は大成功だったな!社長も大絶賛だったぞ。面白かったって♪」

タカシ「個人的には面白さは追求してなかったけどね~。しかもあのままいくとは思わなかったし。」

父「そうか?お父さんは練習の時から手ごたえ感じてたけどな♪」

タカシ「あぁ、そう…。」

父「よし!今日はお礼の意味を込めて、タカシにご馳走するぞ♪」

タカシ「本当!?なにご馳走してくれるの?」

父「アメリカの有名チェーン店、マクダーノだ!」


タカシ「…マックかよっ!なぜそこで英語的発音…。」

父「なぜって、お父さんはネイティブアメリカンだからな。」

タカシ「いやいやいや!!あんた生粋のジャパニーズじゃん!」

父「意味の分からないことを言うなっ。英語で話せっ。」

タカシ「あなたも日本語で話してますよね!?」

父@はぁ。まぁ良い。マクダーノにLet us goだ。」

タカシ「Let's goで良いと思うよ。」

**************

父「マクダーノについたぞ、タカシ。」

タカシ「えっ、ドライブスルー?」

父「そうだよ。それがどうした?」

タカシ「いや、中で食べると思ったからさ。」

父「まっ、気にするな♪」



店員「いらっしゃいませ。ご注文はお決まりでしょうか?」

父「タカシ何にする?」

タカシ「チーズバーガーとポテトとウーロン茶で。」

父「じゃあ、チーズバーガーとポテトとウーロン茶を一つずつ。お父さんは何にしようかな~。とりあえず、アイスカーフィーだな♪」

タカシ「(カーフィー!?コーヒーって言えよ…)」

父「大盛で。」

タカシ「なんでそこだけ思いっきりジャパニーズなんだよ!?Lサイズで良いじゃんLサイズで!」

父「えっダメか?ダメ。ゼッタイ。か?」

タカシ「いやいやいや!そこで薬物乱用防止する意味が分かりませんから。」

父「じゃ、清盛で。」

タカシ「平家の武将が出てきたよ…。」

店員「かしこまりました。」

タカシ「かしこまっちゃったし…。」

父「あと、ハンバーガーとスマイルに苦味をドッピングして下さい。」

タカシ「苦笑い!?」

店員「かしこまりました。」

タカシ「…。」

店員「では、あちらの方へ移動してお待ち下さい。」



父「どうだ?タカシ?お父さん英語すごいだろ?」

タカシ「いろいろな意味でビックリだよ。」

父「だろ」

父「よし、じゃあタカシに英語を教えてあげるよ♪まずは発音からだ。よく間違えるのが『Z』の発音だな。これは『ゼット』じゃなくて『ズィ』と発音するんだぞ。じゃ、リピートアフターミー♪」

タカシ「はいはい、分かったよ。」

父「じゃ、いくぞ。」



父「ゼーット!!」

タカシ「いやいやいや!!いま思いっきりゼーット!って言ったよねっ!?」

父「タカシ…ヒアリングも鍛えないとな。」

タカシ「はぁ?」

父「じゃ、次は会話だ。タカシ、適当に何か言ってみろ。」

タカシ「Is this dog?」

父「No,this is Takashi.」

タカシ「おれかよっ!!」

父「Takashi is my sun.」

タカシ「はいっ!?sonでしょ!son!なーんでお父さんの太陽にならなきゃいけないんだよ…」

父「君は僕の太陽だ。君がいないと僕は枯れてしまう。」

タカシ「キモっ!!」

父「キモイとはなんだ!お父さんがお母さんにプロポーズした時の言葉だぞ!」

タカシ「もっとマシな日本語を発しようよ…。で、お母さんは何て答えたの?」

父「枯れて下さいと、一言。」

タカシ「よく結婚できたね」

父「まぁな♪」

タカシ「・・・。」


店員「お待たせしました~。ご注文の品はこれでよろしいでしょうか?」

父「オゥ!サンキュー。」



父「タカシ、見てみろ!カーフィーの大盛だぞ!」

タカシ「うわっ、めっちゃ表面張力アピールしてるし!」

父「ハハハ、すごいな。これが清盛だったらどなるんだろうな♪」

タカシ「知るか!」

 

 

 

 

「行ってみたいお店・レストラン」by みんなのごはん