読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HeDis's Neta

ネタ日記やSSなど

タカシとお父さん

【登場人物】 
・タカシ(推定年齢 18歳) 
・タカシの父(推定年齢 不詳)


父「ふぅ。今日も疲れたな。確かタカシのやつ、おれに重要な話しがあるって言ってたな。あいつも難しい年頃だからな~。変な相談じゃなければ良いけど…。」

父「ただいま~。」

タカシ「あっ、お父さん。おかえりー。で、さっそく聞いてほしい事があるんだけど?」

父「おぉ、なんだなんだ?お父さんならいつでも相談に乗らざるをエナリだぞ。」

タカシ「(エナリっ!?誰だよ…。)うん、まあ自分の進路のことなんだけど…。」

父「あ~、進路か。じゃあ一昨日きやがれ。」

タカシ「一昨日!?ムリムリムリ!!って言うか、相談なら乗らざるをエナリじゃなかったの!?」

父「タカシ。・・・・エナリって誰だ?」

タカシ「(知るか…。)」

父「お前、エナリって…カズキのことかっ!?」

タカシ「違うって。」

父「なーにとりあえず否定してんだコノヤロウ。お父さんはな~。お前の相談以外は絶対否定しないんだぞ!!」

タカシ「そこを否定すんなよ!!」

父「何をぉ~」

タカシ「あ~、はいはい。エナリ君をお父さんに紹介するから、相談にのってくれる?(嘘)」


父「そっか~。それならなら乗らざるをエナリだな♪」

タカシ「・・・(ぬっころすぞ)うん。で、進路のことなんだけど」

父「うんうん。」

タカシ「おれ、俳優になりたいんだ。」

父「俳優~!?どーしても俳優なのか?」

タカシ「うん。」

父「・・・。男優じゃ、ダメか?男優の加藤さんは凄いらしいぞ?」

タカシ「ダメだよ!!全力でダメだよ!!」

父「そうか~。お父さんはな、タカシが本気で俳優目指すって言うなら否定はしない。むしろ協力するよ。」

タカシ「本当?」 

父「うん。本当だ。実はな~。お父さんも俳優になりたかったんだ。」

タカシ「へっ?そうだったの?」

父「でもな、お父さんはその夢諦めたんだよ。」

タカシ「えっ、なんで?」

父「お前ができたからだ。」

タカシ「(おれのせいですかー!?)え、あ、ごめん。」


父「ハハハハ。謝ることないんだよ♪お前はただ流行に敏感だったんだ。」

タカシ「(できちゃった婚か・・・。)うん。分かった。じゃあおれ、お父さんの分まで頑張るよ!」

父「そうか。じゃあお父さんの分まで頑張れよ。」

タカシ「分かった!いや~。こんなにお父さんが協力的だとは思わなかったな~。実はもう劇団を作ってて、演劇することになったんだ。で、おれはパトリオットを演じるよ。」

父「おっ、そうか。さすがタカシ♪男優も夢じゃないな♪」

タカシ「まだそここだわんの!?うん。まぁ、パトリオットは準主役って感じだけど、次の舞台は主役の座を手にしてみせるよ。」

父「そうか。頑張れよ。」 

・・・。

父「で、タカシ。」

タカシ「えっ、何?」

父「おれは何の役だ?」

タカシ「あんた出ねぇよ。」

OYABAN 1--おやじバンドやろうぜ

OYABAN 1--おやじバンドやろうぜ